理事長 挨拶

北海道で初めて、と思われる「在宅医療」に特化した個人事業の診療所として「静明館診療所」が、2001年7月スタートしました。

開設当時のメンバーは、医師1人・事務員2人でした。2003年7月「医療法人財団 老蘇会」として法人化。構想であった介護事業と在宅医療を結びつけた体制を整え、その目的を達成するため、私達の仕事場「円山静明館」を塗り変えるプロジェクトが始まりました。

それから15年、診療所と各種介護事業所(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、訪問看護ステーション、障害者福祉法関係の事業所)、それに老人向住宅を 随時開設、職員数も60名余となりました。

また、地域と共に歩む活動も始まり、いよいよ大きく膨らんだ成果、17年間の実りを携え、手狭となった「円山静明館」を巣立とうとしています。

平成30年10月、中央区南14条西18丁目へ 移転します。
次の段階は、地域と共にあって、地域の中で 私たちが果たすべき役割を果たす活動になります。

診療所、介護事業所、老人向住宅事業に加え、地域総合事業のスタートです。
『「地域包括ケア」が叫ばれる時代にあって、真の「地域包括ケア」とはどのようなものなのか、不幸な人を生み出さないためには 社会はどうあったら良いのか』を、探り、実践していく活動です。
そのような活動こそ『人が老いて蘇る、老 蘇 会』の本当の姿が顕われて来るでしょう。

皆さん、一緒にやりましょう。

2018年1月吉日
医療法人財団 老蘇会
理事長 矢崎一雄


アクセス案内

〒064-0801
札幌市中央区
南1条 西23丁目1-5
円山静明館901号
・静明館診療所 TEL011-215-5069
・老 蘇 会 総務 TEL011-676-3131