病気があるけど退院するとき

ここ病気があるけど退院するとき
・何かの病気で入院したとき、なかなかもとどおりになることができずに自宅に退院する
ことが難しいと感じるときがあります。
・あるいは、同じ状態になることが怖くて、自宅に退院することが不安に感じるときが
あります。

■その時にたくさんの「心配事」があります。
◇こんな病状では自宅で過ごすのは無理かもしれない
◇介護する人に負担がかかってしまう
◇どうやって介護していけばいいのだろう
◇急に具合悪くなったらどうしよう
◇自分はひとり暮らしだから無理だろう

■「家にかえりたい」と思ったらあなたの一番話しやすい人にその気持ちを伝えましょう。
その「心配事」も一緒に相談してみてください。

■そのような「心配事」はある程度解決できます。医療や福祉では自宅での療養生活を
支える制度があります。色々なところで窓口があります。一度相談してみてください。
◇病院の主治医
◇病棟の看護師
◇病院の「医療福祉相談室」「地域連携室」の医療ソーシャルワーカーや退院調整看護師
◇ケアマネジャー
◇訪問診療をしている医師

■当法人でおこなっていること
入院中のときから情報収集したり、家族と面談をしたりしながら退院の準備を一緒に
進めます。
できるときには病院の関係者と在宅療養の関係者をあつめて、退院前にカンファレンスを
行い退院までの準備を整えます。
退院後は早めに訪問して退院後の体調を確かめ、緊急時に対応できるようにします。

■もし病院で、「自宅への退院は無理だ」と言われてもあきらめないでください。
きっと方法があります。一緒に考えてみることができます。

アクセス案内

〒064-0914
札幌市中央区
南14条 西18丁目5-33
静明館
・静明館診療所
   TEL:011-215-5069
・老 蘇 会 総務
   TEL:011-676-3131